映画「居眠り磐音」

映画「居眠り磐音」の評価・レビュー・口コミを紹介

Pocket

作家、佐伯泰英さんによる大人気日本の時代小説シリーズを2019年5月17日(金)に映画化した映画「居眠り磐音」。

記録的大ヒットとならずに上映は終わり、2019年の11月には円盤化されましたが、評価・レビュー・口コミではどういった声が寄せられているのでしょうか。

また時代劇に初挑戦した松坂桃李さんの演技についての評価はどうだったのかも気になりますね。

そこで今回は映画「居眠り磐音」の評価・レビュー・口コミを紹介と題してお届けしていきます。

映画「居眠り磐音」の評価は?

映画「居眠り磐音」の評価は多くのレビューサイトに寄せられていますが、総合的に評価は良いのか、悪いのか調査していきました!

映画「居眠り磐音」の評価

映画「居眠り磐音」の評価を検索していったところ、総合評価で☆5つ中、3.5以上を記録するサイトがほとんどで、普通ランク(3.5)より評価が高めであることがわかりました。

映画.comでは176件中の星3.7、Yahoo!映画では1,473件中の星3.8、Filmarksでは4,639件中の星3.5となっています。

※2022年現在

特に映画通がこぞってレビューや評価を投稿するFilmarksでは、評価を投稿するレビュアーがもっとも多く、厳しい評価も多々見られました。

「居眠り磐音」は既に小説の他、ドラマ化されている作品なので、「わざわざ映画化しなくても良かったかもしれない」という辛口評価も見られました。

では具体的にどのような口コミやレビューが投稿されたのか見ていきましょう。

映画「居眠り磐音」レビュー・口コミを紹介

映画「居眠り磐音」のレビューや口コミをまとめていきました!

映画「居眠り磐音」のレビュー・口コミは?

映画「居眠り磐音」のレビュー・口コミは今も数多く寄せられていますが、賛否両論といったところです。

ファン視聴者にとって映画「居眠り磐音」が良いと思うところや、疑問に思う点も含めまとめていきます。

とにかく切ない

磐音の周りや過去を含め全てにおいて切ないという口コミが多く寄せられていました。

不貞事件で幼馴染や奈緒まで失ってしまう磐音の心境を考えると、切ないと考える視聴者が多かったのでしょう。

江戸での金銀相場のシーンはいらない?

「最初の掴みは良かった」だけど、後に繰り広げられる金銀相場のシーンや話は無駄だったのでは?という声が寄せられていました。

金銀相場の話よりももっと、磐音らが織りなす物語の方が見たかったという口コミが多かったように感じられました。

奈緒が花魁になったのは賛否両論

心のどこかでいつも奈緒のことを想っていた磐音が、手紙をもらい奈緒が江戸にいることを知るシーンです。

お互いおもい合っていた二人が再会した時、もう奈緒は別世界の住人になっていたこと、そして磐音からもらった匂い袋を今も尚大事に持っていた奈緒に対し「泣ける」という声が寄せられました。

このシーンはより一層切なさを加速させるシーンですが、一方で武家の娘がお家断絶してから約半年で花魁になるなんてあり得ない!という声もありました。

確かにリアルに考えると、美人だからと言って飛び級で上に駆け上ることができません。

このように、話のつなぎが雑に感じる視聴者も多いようです。

話の掴みが良かった

平和だった日常が一変する、映画の序章は視聴者を一気に映画の世界に誘い込むようで、物語に夢中になれたという声が寄せられていました。

登場人物が30人以上いるので出番の少なかったキャストもありましたが、一人一人印象の残る演技ではなかったのでしょうか。

豪華キャストだけど顔見せ状態?

映画「居眠り磐音」のキャスト数は総勢33人もいて、キャストの豪華さがすごいとの声があります。

ですが、豪華なのに一瞬しか出番がないキャストも多く、どこか勿体ない印象もあったようです。

確かに一瞬すぎなのは、ただ単に顔を見せるだけになってしまいますよね。

生きるという選択をした主人公に希望が見えた

主人公の磐音は辛い過去を抱えつつも、悲しみに明け暮れることなく、希望を見出すために行動し自分と向き合う姿に感動したという声があります。

映画「居眠り磐音」は映画が始まってものの5分で急変する内容となっています。

平和だったあの日々は幻だったかのように、磐音はどん底に突き落とされ、何もかも失いますが、奈緒を置いて江戸に行ったことで人生が変わっていきます。

もしそのまま悲しみに明け暮れる日々が続いていたなら、どんな視聴者でも彼を応援しなかったかもしれません。

ですが、どんなことがあろうと前に進むという選択をした磐音に、数多くの視聴者は勇気づけられたに違いありません。

磐音の生き方や人生に共感した人は特に感動を生む時代劇作品となっていると思います。

まとめ

映画「居眠り磐音」の評価・レビュー・口コミを紹介と題してお届けしていきました。

映画「居眠り磐音」の評価・レビュー・口コミを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

多くの口コミが寄せられていましたが、総合評価で考えると一定の評価より上のように感じました。ストーリーが雑に感じたり、つなぎが甘いと感じる部分もあったようですが、磐音を中心に繰り広げられる物語は感動的だったという声が多く感じられました。

まだ映画「居眠り磐音」を見ていない人は、掴みが本当に面白く夢中にさせられる内容になっているので是非とも鑑賞してほしいです!